⑩その他 Feed

2015年1月12日 (月)

20141223 餅つき

2014年12月23日
スポチャンメンバーと保護者の皆さんで
餅つきをおこないました。

1

2
大きな子も小さな子も、頑張りました!

3

4 
道場内で丸めるこねる食べる!

5
パパさんたちは準備や設営やサポートなど!

6 
楽しく美味しく、
すごく良い経験ができました。

また来年もやりたいですね。

2014年12月26日 (金)

香月スポーツセンター剣道場をお借りして稽古

2014年12月より
北九州市八幡西区香月西に有る
香月スポーツセンターの剣道場
月に2回ほどお借りして稽古することにしました。

0
いつもは道場での稽古ですが
試合は体育館でおこなわれるので
試合のように体育館の雰囲気
味わってほしかったのと

広い会場で、2面同時に対戦をして
待ち時間を減らしたかったのです。

1_2
ひ!ろ!い!

2_2
ひ!ろ!い!

3_2
ひ!ろ・・・(もういい

4_2
子どもたちも「ひろくね?」
道場の3倍~4倍の広さに若干の戸惑いを感じながら
寒さに震えつつ、稽古!

稽古写真は撮ってません!HAHAHA

12月は7日と14日をお借りしました。
1月は18日と25日をお借りする予定です。

頑張って稽古に励もう!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

小太刀護身道/スポーツチャンバラ無料体験&剣士募集ポスター
http://chikuzenjyuku.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/post-9a79.html

玄関上の荷物置き場をロフトに

2013年3月の道場改築時に
玄関上にスペースを作ってもらっていたので
荷物置き場にしていました。

よし!ロフトとして改造して、有効活用しよう!
と思い立ち、充電ドライバー(インパクト)を片手に
DIY!日曜大工の事を最近ではこう言うそうです。)

高さ約110cm。
広さ約3畳。


さあ!やるぜ!と気合を入れる管理人。

まずは荷物を下ろす。そして掃除。

000
広さを再確認。うむ。なかなか広い。

00
まずは、はしご!これが一番難しかったです!

1
次に柵!サクッと作りました!

2
コンセントも必要なので、延長コード露出モールで。

3
さらに!IT筑前塾(※言い過ぎ)なので
無線LAN環境を設定!もちろんWi-Fi!

4 
そろそろ完成かな?
んー頭とか手とか物が電灯に当たりそうだな・・・

5
電灯の保護をして、微調整をして、完成!

9
子どもたちが、喜んで喜んで・・・サルか!(笑)

保護者さんの見学も上からだと見やすいかも。

上からのアングルだと
普段は感じにくい、回り込む動きが確認できたり
手裏剣の打剣の撮影がやりやすかったりと
けっこうメリット有ります。

作った甲斐有り!by管理人。

さて。次は何を作ろうかなと考え中です。



理事長 九段認定

当NPO法人筑前塾の
理事長である宮瀬昇三
全日本防具付空手道連盟の資格審査委員会より
空手道九段を允許されました。
居合道と杖道の認定証と共に飾りました。

Photo

Photo_2

2014年6月 2日 (月)

20140601 衣替え? 床マット

2014年6月1日

日曜日
通常は午前中、空手の稽古の日ですが
なんと参加者、私(管理者)1名。

逆にチャンス!と思い
床一面に敷いているジョイントマットを撤去

なんたって熱がコモってしまうので
暑いったらありゃしない!だったんです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

撤去前A

Img_20140601_100413
撤去後A

Img_20140601_155014
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

撤去前B

Img_20140601_100400
撤去後B

Img_20140601_154957
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

床マットを撤去するだけで
キレイ+さっぱり+明るい+広い
…気がします(笑)

床マットを撤去すると
手裏剣が床につきささる心配が有りますが
安い薄いマットを準備しているので
手裏剣を打ちまくる準備もOKです!

さ!まだまだ暑くなるでしょうけど
体調を崩さないように頑張っていきましょう!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

小太刀護身道/スポーツチャンバラ 剣士募集ポスター
http://chikuzenjyuku.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/post-9a79.html

空手解説
http://chikuzenjyuku.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/post-32aa.html

手裏剣解説
http://chikuzenjyuku.blog.bbiq.jp/blog/2012/07/post-a8f5.html

杖術解説
http://chikuzenjyuku.blog.bbiq.jp/blog/2012/07/post-2c18.html